ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

2020年 「がんばれ!社長」は変わります

投稿日:2020年1月7日 更新日:

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
「煮てない時間が煮物を作る」といいますが、この年末年始は9連休のあいだに良い”煮物”ができました。
この連休中にもっとも時間を割いたのは「YouTube」です。

正月用に買い込んだたくさんの缶ビールとワイン片手に10冊以上のYouTube関連本を読み、約20本のビジネスチャンネルに登録し、アップされた動画を見まくりました。

自分でも驚いています。
何しろ、つい先日まで私はYouTubeに偏見をもっていたからです。
「2チャンネル」の掲示板を大人たちが批判したのと同じ理由で私はYouTubeを嫌っていました。
エロ・グロ・ナンセンスな動画に多くの時間を費やした経験があり、それがYouTubeだと思い込んでいたのかもしれません。

もちろんHikakinやホリエモンら、ちゃんとしたYouTuberの存在は知っていましたが、私の仕事には無縁だと思っていました。
きっかけは12月中旬にiPadを買ってからです。
iPadの活用法をネットで調べていたら良質な動画が何本も見つかったのです。
以前ならブログ記事が検索上位に並ぶのですが、いまは動画が最上位にきます。
それらの動画のクォリティ(内容、画質など)はとても高く入念に見入りました。その場でチャンネル登録もしました。
作り手がこれほどまでに懇切丁寧な動画をアップし続けるということはビジネスとして成立している証。

それからYouTubeの研究が始まり、YouTuberに対する偏見が日に日に和らいでいきました。
いまではもっとも頻繁に立ち上げるアプリのひとつです。

YouTubeを運営するGoogleもYouTube利用者の拡大に力を入れるためサイトの浄化につとめています。
性や暴力の作品が認められないのは当然としても、最近は他人攻撃をするYouTuberもアカウント停止に追い込まれるなど健全化が進んでいます。

広告目当ての字幕だけの動画も認められなくなりました。
ようやく大人も子どもも個人も法人も安心して閲覧できる動画サイトに育ってきたといえるのでしょう。

2020年、「がんばれ!社長」はYouTubeに力を入れます。
がんばれ!社長のYouTubeチャンネルは先ほど開設したばかり。
登録者は0名。
アップした動画も0本ですが、今年どこまでやれるか、まずは今週中に1本アップしていろいろ試してみたいと思います。

今年はメルマガだけでなく、動画での「がんばれ!社長」にもおつきあいのほど、よろしくお願いします。

 

-その他

検索

がんばれ社長!チャンネル

経営計画講座バナー

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _